22インチのフットボール

備忘録を兼ねて試合を振り返ります

カテゴリ:サッカー > 視聴

谷口彰悟が出場停止で不在となった一戦は、今シーズン3回目となる4失点を喫し、なおかつ2試合連続無得点に終わりました。

5-3-2で構える湘南相手に川崎はサイドを使いつつ、背後へのボールも交えながら攻めました。レアンドロ・ダミアンも時折サイドに流れてプレーします。

一方で前半から湘南のスピーディーでダイナミックな攻撃にミドルゾーンで翻弄されるシーンがたびたび見られました。それでも前半はチョン・ソンリョンの好セーブもあり、スコアレスで終えます。

50分、杉岡大暉のコーナーキックを町野修斗に合わせられて先制を許します。町野には佐々木旭がついていましたが抑え切れませんでした。

4分後、今度は山根視来が上がったサイドを突かれ、山村和也が空いたスペースにつり出されると、最後はフリーの池田昌生に絶妙なコースに放たれたヘッドを決められました。

ビハインドが2点になったところで鬼木達監督が動きます。遠野大弥と佐々木を下げ、ジョアン・シミッチと瀬古樹を入れました。瀬古はビルドアップでミスの目立った佐々木の担当していた左サイドバックを任されます。

しかし、川崎はミドルゾーンでのボールロストをきっかけにカウンターを食らい、さらに2失点。特に3失点目は車屋紳太郎が上がっていたこともあり、後ろの枚数が足りずに防ぎようのない失点でした。残り時間は30分を切っています。

ベンチは66分で交代枠を使い切り、システムを3-4-3に変更。瀬古を右、宮城天を左のウイングバックに配し、小林悠、レアンドロ・ダミアン、知念慶を同時に起用します。幅を取りつつ中央で勝負する姿勢を打ち出しました。

前線にターゲットが増えたこと、そしてリスク回避で湘南のプレッシャーを嫌ったことから中盤を省略したロングボールが主体となります。慣れない攻め方というのもあってか、可能性は低く、単調になりました。

それでも宮城がサイドからシュートを放ったり、宮城のパスを受けた小林が反転してシュートを打ったりしましたが、いずれも谷晃生に防がれてしまいます。

結局、反撃のゴールすら奪えぬまま、ホームで大敗を喫しました。これで得失点差により2位に転落しました。


5人目の交代選手としてユニフォーム姿の脇坂泰斗が準備をしているところでした。

一旦はイエローカードが提示された谷口彰悟でしたが、VARの介入があり、オンフィールドレビューの末、レッドカードに変わりました。2019年のルヴァンカップ決勝と同じ荒木友輔主審による判定です。

当該場面は川崎のゴールまで距離はありましたが、垣田裕暉が倒れた横で鳥栖の選手がフリーで2人抜け出しており、決定的なチャンスを阻止したとみなされたようです。

残り10分少々での数的不利となり、センターバックがいなくなったため、脇坂の投入は見送られ山村和也が送り込まれました。それでも川崎は攻めました。

終盤に3対2のカウンター局面をつくり、遠野大弥がドリブルで運んでボックスの手前で田代雅也に倒されます。いい位置でのフリーキック獲得です。

しかし、ジョアン・シミッチのキックは、壁の前に座った橘田健人に当たって枠から外れていきました。

スコアレスに終わった試合全体を通しては、真っ向から向かってくる鳥栖の当たりの激しさに手を焼き続けました。

また、大外に張った飯野七聖と岩崎悠人の両ウイングバックに何度もサイドを突かれ、そこに最終ラインのファン・ソッコ、ジエゴも時折絡んできました。

川崎は人や並びを変えて打開を図ります。30分頃からは小塚和季を左に開かせ、小林悠と知念慶を中央に配した4-4-2に変更。ハーフタイム明けには小塚を下げてマルシーニョを入れ、知念を右に置いた4-2-3-1にします。

62分に家長昭博と知念が下がって橘田とレアンドロ・ダミアンが入った際には形を変えず、谷口退場後は4-4-1で乗り切りました。

盛んに変化を加えたものの、決定機はほとんどなく、ゴールにも結び付きません。朴一圭が慌てるシーンは、後半開始早々に左サイドに流れた山根視来のシュートを捕球し損ねて小林が詰めたところくらいでした。

それでも同時刻に行われた試合で鹿島アントラーズが浦和レッズ相手に引き分けたため、首位の座は譲らずに済みました。


アビスパ福岡戦から中3日で迎えたアウェイゲームで、鬼木達監督はスタメンのみならずベンチメンバーもそのときと同じ18人を選びました。

再びブロックを敷いた相手との戦いとなりましたが、福岡戦とは違って序盤からシュートは打てていました。惜しい場面もあり、レアンドロ・ダミアンのシュートはクロスバーを叩き、脇坂泰斗のシュートも相手に阻まれます。

また、ノエビアスタジアム神戸のピッチに足を滑らせる選手が続出するという、ここ数回の対戦で起こっていたトラブルにも見舞われることなく、普段通りのプレーを披露します。

ただ、アンドレス・イニエスタの味方を絡めた突破には翻弄され、ボールを狩り取る能力に長けた橘田健人も止められません。前半はスコアレスで終わります。

後半は立ち上がりにアクシデントとミスによってピンチを迎えました。橘田の触ったボールが汰木康也の前にこぼれてシュートを打たれたり、谷口彰悟の浮き球のパスが汰木にカットされてカウンターを食らったりします。いずれもシュートが枠を外れて難を逃れました。

悪い流れを変えるべく、ベンチが動いたのは63分。遠野大弥とレアンドロ・ダミアンを下げて、ジョアン・シミッチと知念慶を投入。4-2-3-1にシステムを変えます。

本格的に試合の流れに変化が起こったのは、イニエスタが下がった73分以降でした。川崎がボールを失った後の脅威が弱まり、精神的な余裕が生まれます。落ち着いてボールを動かせるようになりました。

その後、小林悠が入り、家長昭博を右サイドに残した4-4-2に形を変えて前線を厚くします。

それでも守備を固める神戸相手にシュートコースが見つけられず、あと一歩が遠い状況が続きました。小林悠を右、家長をトップ下に据えた4-2-3-1に変えても変わりません。

時間が刻一刻とすぎる中、佐々木旭のクロスを受けた山根視来が強引にシュートを打ってコーナーキックを獲得。最後のセットプレーを小塚和季が蹴り、谷口が飛び込んでゴールネットを揺さぶります。土壇場で待望の先制点です。

最後まで粘り強く、あきらめずに戦い抜いた姿勢が実りました。劇的勝利を収めて首位に浮上です。


AFCチャンピオンズリーグを終えて初のホームゲームは、2-0の完封勝ちに終わりました。

多少、前線からハイプレスを行ってくるものの、基本的には4-4-2のブロックで構える福岡に対し、川崎は最終ラインの背後を狙うところからスタート。次第に谷口彰悟からの縦に差し込むパスを起点に攻めだし、山根視来、脇坂泰斗、家長昭博が右サイドで絡みながらの攻撃が中心となります。

やがて中央へとシフトしますが、ペナルティボックス近辺までボールを運べるものの、そこからフィニッシュに至らない時間が続きました。主導権を握っているようで、最後のところでは福岡に余裕を与えて守られていました。

ファーストシュートは家長がフアンマ・デルガドを相手にボールをキープして得たフリーキックから生まれます。32分に脇坂のキックを谷口が頭で合わせました。

その後も佐々木旭がレアンドロ・ダミアンのパスを受けてシュートを放つなど、徐々にフィニッシュへの形ができていきました。

ただ、ボールを比較的容易に動かせているためか、カウンター対応は甘く、相手に簡単に中盤を経由されてゴール前までボールを運ばれてしまいます。幸い、チョン・ソンリョンのパスがジョルディ・クルークスに渡ってしまった場面以外は、守備陣の奮闘もあって決定機にはならず、スコアは動きません

後半、川崎は家長のスローインを起点に先制します。レアンドロ・ダミアン、山根が絡み、最後は中央で構えていた遠野大弥がフィニッシュ。均衡を破りました。

川崎はこれまで大事なゲームでスローインを起点に失点を喫するという苦い思い出があるだけに、逆にゴールを奪えたのは喜ばしいことでした。

先制から4分後、今度は脇坂の完璧なコーナーキックを車屋紳太郎が合わせて2点目。この場面で谷口が前寛之と接触しますが、ファウルにはならず得点が認められました。

得点をとれたこともあって川崎の守備は時間とともに安定し、クルークスのコーナーキックからつながれた奈良竜樹のヘッドもチョン・ソンリョンが防ぎます。

鬼木達監督は連戦のスタートながら、80分までスタメンを引っ張り、そこから選手交代を開始しました。終盤は橘田健人とジョアン・シミッチで中盤を強固にして危なげなく逃げ切りました。

清水エスパルス戦のように時間とともに運動量が落ちて失速することもなく、川崎は盤石の勝利を収めて続くアウェイ2連戦に臨みます。


過酷なスケジュールでのAFCチャンピオンズリーグが日本勢唯一の敗退に終わり、コンディション的にもメンタル的にも厳しい状況で迎えたゲームですが、確実に勝ち点3を取りました。

川崎はまだ体が動ける立ち上がりから攻守にわたって積極的に戦いました。開始直後のレアンドロ・ダミアンのプレスにも普段以上の勢いがあり、家長昭博、マルシーニョも機を見て相手を追い回します。

一方、清水はハイプレスをかけてこないため、最終ラインのボール回しにはさほど規制がかからず、順調に動かすことができました。車屋紳太郎の配球も冴え渡り、効果的なパスが繰り出されます。ボールが転がりやすいピッチコンディションも助けとなりました。

いい流れで試合を進める中で14分にゴールが生まれました。権田修一のゴールキックを佐々木旭が競り勝って遠野大弥に渡します。遠野はレアンドロ・ダミアンにパスを出し、背番号9は体を投げ出すようにして胸で落とすと、それを脇坂泰斗が受けます。

脇坂はボックスの中の家長に預け、自らもゴール前へ。家長が相手を背負いながらキープしたボールを再び受け取りフィニッシュ。ニアサイドに豪快に突き刺しました。

リードしたことで余裕ができ、優位に試合を進めます。32分、脇坂がボックス手前で動きを止め、左サイドから走り込んでいたマルシーニョに完璧なパスを届けました。マルシーニョのダイビングヘッドが決まって2点差とします。

その後、41分の中央を強引に破られてのチアゴ・サンタナの強烈なミドルシュートはポストに救われ、0-2のままハーフタイムを迎えました。

後半は序盤ほどのインテンシティは発揮できなくなり、残り30分を切ったところからジョアン・シミッチと知念慶の同時投入を皮切りに選手交代で逃げ切りを図ります。

以前はノルマとさえ言われた、とどめを刺す3点目こそ奪えませんでしたが、鬼木達監督は交代枠をフルに使い切り、前線の選手を総入れ替えして、プレー強度を可能な限り保ちました。

押される展開となった川崎にとってはしばしば山原怜音のクロスが脅威になったものの、最後のところで合わずに事なきを得ます。

リーグ戦に再び参戦した最初の試合をクリーンシートで勝ち切り、16人のプレーヤーで乗り切りました。次節からの連戦に向けて弾みとなる大きな一勝です。


このページのトップヘ