雷で10分遅れのキックオフとなった一戦は、川崎が早々にリードを広げて逃げ切りました。

佐々木旭が出場停止で、ファン・ウェルメスケルケン・際、瀬川祐輔が不在。よって右サイドバックに大南拓磨、左には橘田健人が立ちます。

ホームの川崎は積極的に出ていきました。そしてジェジエウのスルーパスをバフェティンビ・ゴミスが受け、コーナーキックを取ります。

この日、最初のリスタートは瀬古樹が担当。正確なキックを高井幸大が合わせ、ファーサイドへ流れたボールを家長昭博が丁寧にヘッド。わずか6分で先制点が生まれました。

リードしてからの時間が今の川崎にとって大事になりますが、チョン・ソンリョンとジェジエウの守備で凌ぎます。ただ、ジェジエウはその流れで負傷。ハーフタイムまでプレーしたものの、結局交代となります。

守った後にはチャンスが来ました。三國ケネディエブスのスリップによってこぼれたボールを家長が拾い、ミチェル・ランゲラックをかわしてフィニッシュ。右足で浮かせて追加点を奪いました。

追う展開の名古屋は、川崎のサイドバックの外側に長いボールを送り、そこからゴールに迫ってきました。それでも前半の間はホームチームがシャットアウトします。

後半、ジェジエウに代わり田邉秀斗が入り、右から橘田、大南、高井、田邉の並びに変わりました。

名古屋は点を取りに前への圧力を強めます。攻撃時にはボックスの中へ入る人数を増やし、ゴールの可能性を上げにきました。実際、決定機を多くつくります。

60分を前に名古屋は米本拓司、永井謙佑、山岸祐也を同時に入れる三枚代えを決行。新たに出てきた選手が関わって襲い掛かってきました。

受ける立場の川崎はチョン・ソンリョンを中心に、インサイドハーフの脇坂泰斗も時に下がって自陣ゴールを死守します。

川崎にもチャンスがなかったわけではなく、ゴミスが二度ネットを揺らすも、いずれもオフサイドの判定によりゴールは認められません。

3-0になれば、試合は相当楽になるはずですが、それは叶わずに時間が進みます。

すると、さらなる交代で入った山中亮輔のコーナーキックを起点に1点差に詰め寄られました。混戦の中で決めたのは、ハ・チャンレです。

是が非でも逃げ切るべく、前を削って古巣対決となる丸山祐市を送り込む手もありましたが、鬼木達監督はゴミスを下げて山田新を投入します。

終盤は永井にボールが集まるものの、失点を喫することなくタイムアップを迎えました。北海道コンサドーレ札幌戦以来、実に4試合ぶりの勝利です。

これで苦しい時期からわずかながら脱することができました。まだまだ上は遠く、ジェジエウの負傷の程度も気になりますが、中断前に価値ある勝利を収め、トータルで勝ち点20に伸ばしました。