川崎にとっては劇的な、最高の結果となりました。台所事情の苦しさから少しばかり抜け出せて迎えた首位F・マリノスとの決戦で、最後の最後に勝利を手繰り寄せたのです。

浦和レッズ戦からルヴァンカップのセレッソ大阪戦と徐々に戦力が戻り、この日はGK陣に頼らずともベンチメンバーが揃うようになりました。もちろん病み上がりの選手も少なくないだろうとはいえ、大一番に間に合った格好です。

試合は終始、ジェジエウ、谷口彰悟にアンデルソン・ロペスらのプレッシャーがかかり、余裕を持ってのビルドアップは許されませんでした。

それもあって珍しく後方から前線のサイドへとロングボールを送り込む形を多用しました。マルシーニョや戦線復帰した山根視来、そして家長昭博が前のスペースに出ていきます。

先制点はこの形が実ります。プレスを受けながら繰り出した谷口のロングパスを山根視来がダイレクトで折り返すと、レアンドロ・ダミアンがワンバウンドしたボールに懸命に体を伸ばして合わせました。飲水タイム直前にゲームを動かすことに成功します。

これで安心できる戦いではなく、川崎は守備の意識を普段以上に高め、やや低めにポジションをとります。時には家長も自陣深くに下がってディフェンスで貢献しました。

しかし前半終了間際、先制時と似た展開で山根視来が入れたクロスが、今度は跳ね返されたところからロングカウンターを食らいます。結果、仲川輝人に同点弾を許してしまいました。仲川には左サイドバックの橘田健人がついていましたが追い付けません。

後半も前半同様の戦いを続けた川崎ですが、ロングボールの精度は落ち、これまでのような効果的な攻撃にはつながりません。

逆にF・マリノスの圧力に押され、喜田拓也にはポスト直撃のきわどいシュートを打たれました。

一瞬たりとも油断できない状況で、鬼木達監督が選手交代を進めます。遠野大弥、瀬古樹、小林悠、そして最後は山村和也をレアンドロ・ダミアンに代えて前線に入れました。

主審の負傷交代というアクシデントがあったため、8分のアディショナルタイムがとられます。優勝争いに踏み留まるべく、高さのあるジェジエウやジョアン・シミッチが前線に上がるようになりました。

ところがジェジエウは足をつり、そのまま前線に残る形となり、トップに入った山村が後方に下がらざるを得なくなりました。

勝利は厳しくなったかに思われた90+9分、家長のファーへのクロスにジェジエウが岩田智輝の後ろから豪快に合わせます。ポストを叩いたボールはゴールネットに吸い込まれていきました。

川崎としても実質1人少なくなったかに思われた、予定外の展開だったはずです。それでもチーム全体で勝ち点3にこだわり、何よりホームであきらめない姿勢が、首位撃破という申し分ない結果となりました。