5人目の交代選手としてユニフォーム姿の脇坂泰斗が準備をしているところでした。

一旦はイエローカードが提示された谷口彰悟でしたが、VARの介入があり、オンフィールドレビューの末、レッドカードに変わりました。2019年のルヴァンカップ決勝と同じ荒木友輔主審による判定です。

当該場面は川崎のゴールまで距離はありましたが、垣田裕暉が倒れた横で鳥栖の選手がフリーで2人抜け出しており、決定的なチャンスを阻止したとみなされたようです。

残り10分少々での数的不利となり、センターバックがいなくなったため、脇坂の投入は見送られ山村和也が送り込まれました。それでも川崎は攻めました。

終盤に3対2のカウンター局面をつくり、遠野大弥がドリブルで運んでボックスの手前で田代雅也に倒されます。いい位置でのフリーキック獲得です。

しかし、ジョアン・シミッチのキックは、壁の前に座った橘田健人に当たって枠から外れていきました。

スコアレスに終わった試合全体を通しては、真っ向から向かってくる鳥栖の当たりの激しさに手を焼き続けました。

また、大外に張った飯野七聖と岩崎悠人の両ウイングバックに何度もサイドを突かれ、そこに最終ラインのファン・ソッコ、ジエゴも時折絡んできました。

川崎は人や並びを変えて打開を図ります。30分頃からは小塚和季を左に開かせ、小林悠と知念慶を中央に配した4-4-2に変更。ハーフタイム明けには小塚を下げてマルシーニョを入れ、知念を右に置いた4-2-3-1にします。

62分に家長昭博と知念が下がって橘田とレアンドロ・ダミアンが入った際には形を変えず、谷口退場後は4-4-1で乗り切りました。

盛んに変化を加えたものの、決定機はほとんどなく、ゴールにも結び付きません。朴一圭が慌てるシーンは、後半開始早々に左サイドに流れた山根視来のシュートを捕球し損ねて小林が詰めたところくらいでした。

それでも同時刻に行われた試合で鹿島アントラーズが浦和レッズ相手に引き分けたため、首位の座は譲らずに済みました。