横浜FC戦、湘南ベルマーレ戦と勝ち点は獲得しながらもスッキリしない試合が続いていました。そういう中でこの試合の前半の出来はすばらしいものでした。

コンパクトに守備陣形を保つ鹿島に対し、ミドルレンジのパスを多く使い、ショートパスはタッチ数を少なくして素早くボールを動かし揺さぶりをかけました。

鹿島を翻弄する中で19分には山根視来のグラウンダーのボールをレアンドロ・ダミアンが合わせて先制します。その後、追加点こそ奪えませんでしたが、リードした状態でハーフタイムを迎えました。

ところが後半、鹿島が戦い方を変えてきます。守備ブロックを敷いて待つのではなく、アグレッシブに前線からプレッシャーをかけ始めました。ホームチームはボール回しに余裕がなくなり、前半のようなプレーができなくなります。

挙句、ジョアン・シミッチの脇に立つ荒木遼太郎にパスが通り、最終的に上田綺世に同点弾を決められてしまいます。常本佳吾との1対1を制することができなかった三笘薫に代えて、長谷川竜也を投入する直前のことでした。またしても選手交代の前にゴールを許してしまいました。

失点シーンと同じ失敗を防ぐべく、田中碧をシミッチのそばに立たせつつ、キープ力とフィジカルの強さを誇る家長昭博を中盤に下げ、運動量豊富な旗手怜央をウイングに出しました。

勝利が欲しい川崎でしたが、攻め急ぐ傾向があって深い位置までボールを運ぶ前にラストパスを入れており、得点が奪えません。

引き分け濃厚の空気が漂う終盤、鬼木達監督は車屋紳太郎と知念慶を投入。さらにアディショナルタイムには小林悠を送り込みます。

すると小林投入の1分後、長谷川のクロスに知念が競ったところ町田浩樹の頭に当たり、ボールが小林のもとにこぼれます。小林は体をひねりながら左足でゴールネットにボールを突き刺しました。土壇場での勝ち越しです。

終始ペースを握ったわけではありませんが、苦しい時間を凌いで劇的に勝ち切る、結果を出すというのはチームに勢いと自信をもたらします。少なくともここ数試合のもやもやは解消されます。

これで鬼木監督は最速でのJ1通算100勝を達成。見事な采配で開幕からの無敗記録も20に伸びました。