VARが導入されていたならば、柏木陽介のコーナーキックに対する守田英正のプレーはハンドとみなされ、浦和にPKが与えられていたはずです。ただ、川崎にとっては幸いなことに今シーズンのリーグ戦ではまだ使われておらず、同点にされるピンチを迎えることなく、後半33分にその守田のアシストから小林悠が見事に合わせて追加点を奪いました。

AFCチャンピオンズリーグ決勝を控え、メンバーを調整した浦和は5-4-1のブロックを形成。プレッシャーの開始位置も自陣に川崎の選手が入ってきてからというスタンスで来ました。

それでも3日前のサンフレッチェ広島同様、マギーニョのサイドを狙う意識は常に持っており、速く鋭いクロスを武器に持つ山中亮輔が襲いかかります。右サイドでつくっていた場合でも、ミドルゾーンでサイドチェンジを行い、最後は左で仕留める形を目指しました。

川崎はその対応に追われる形で家長昭博がしばしば戻らざるを得ない状況になったため、マギーニョは前半のみで交代。守田がそのポジションを埋め、大島僚太がセンターハーフに入りました。

それまでの間に脇坂泰斗が強烈な右足ミドルを決めて先制しており、パスで崩していくチームでありながら密集の中で放たれるミドルシュートが武器として機能しつつあります。

大島は珍しくなかなか試合に入ることができず、普段のような効果的なパスは少なかったものの、チーム全体の連動性は高く、得点を取るために攻めに出てきた浦和の逆を突いた攻撃で脅かします。

リードを広げてからの川崎は安定感がさらに増し、時間を有効に使っていきました。浦和は興梠慎三をも投入しましたが、背番号30に決定的なチャンスは訪れませんでした。

これで川崎は1試合消化が多い状態で無事に勝ち点3を獲得。順位に変動はありませんが、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスとの決戦を控える中で、少なからぬプレッシャーをかけることはできました。