右から田中碧、谷口彰悟、車屋紳太郎、下田北斗。登里享平の頭の負傷、山村和也の負傷による最前線での起用など、さまざまなアクシデントが影響した上での最終的なDFの並びを見ても、今の川崎の苦しさがうかがえます。

前半5分、依然として懸案事項である右サイドバックをこの日任された登里が襲撃され、小野瀬康介にミドルを打たれると、そのこぼれを渡邉千真に押し込まれました。これからリズムをつくっていこうかという矢先のできごとでした。

ガンバは守備時に5-3-2のブロックを敷き、中盤の3枚の間に前の2人が立つ形をとっており、中央とサイドの奥深いエリアは進入が難しくなっていました。また井手口陽介をはじめ、ボールホルダーへの寄せが非常に速く、タイトだったこともあり、前半の川崎は同点に追い付くことができません。

後半に入ってパススピードを上げ、相手を翻弄できるようになってようやく得点を奪います。同点弾はレアンドロ・ダミアンの落としに足を合わせた大島僚太。リーグ戦に復帰を果たした背番号10がガッツポーズとともに笑顔を見せます。

幸先よくハーフタイム明けに入れたことで勢いづいた川崎は、後半18分にレアンドロ・ダミアンが鋭いターンから逆転ゴールを奪いました。

しかし、希望が芽生えた得点の直後、小野瀬の正確なクロスに飛んだ倉田秋にゴールを決められてしまいます。せっかくのいい流れが潰えてしまいました。

追い付かれた際、倉田とその頭に頭をぶつけてしまった登里は交代を余儀なくされ、加えて右サイドバックでもしばしばプレーする守田英正をすでに下げていたことから、田中をそのポジションに置き、再び勝ち越すべく脇坂泰斗を投入します。

その後、家長昭博に二度の決定機が訪れるも、いずれも右足のシュートは枠を外れていきました。今シーズン初ゴールはまたしてもお預けとなります。

鬼木達監督は最後に下田を中村憲剛に代えて送り出し、脇坂を一列前に置いたものの、得点を奪うことはできませんでした。

上位のFC東京、横浜F・マリノスが勝ち点3を積んだため、1位から3位までが密集となる中、川崎はそこに食らいつけません。こうなるとAFCチャンピオンズリーグ出場権の確保すら危うくなってきます。