ここのところ停滞していた川崎にとっては胸のすくような快勝でした。

開始早々は湘南の強烈なプレッシャーにあい、思うようにプレーできませんでした。最終ラインにも容赦なく襲いかかってきたため、ビルドアップも簡単ではありません。

それでも我慢の時間は10分で済みました。そこからは湘南のプレスをはがす、速いパス回しによって完全にリズムをつかみます。そして前半15分、カウンターで得たコーナーキックの流れから家長昭博の右足のクロスに谷口彰悟が合わせるとそれが岡本拓也に当たってネットを揺さぶりました。

そこからはアタッキングサードでの縦方向へのパス出しが冴え、中村憲剛の今季2点目となるゴールも生まれます。この得点は阿部浩之のノールックパスを受けた登里享平が、DFを引き連れてゴール前に迫る小林悠ではなく、その後方をゆっくり走る中村に狙いを定めてマイナスのクロスを入れたことで勝負ありでした。

3点目は中村が相手の逆を突いたラストパスを供給。フリーで受けた阿部が余裕をもって打ち抜きました。得点差が開いたことで湘南の選手は意気消沈。5-4-1のブロックをつくるも、ボールの出し入れを続ける相手選手を見るというよりはとにかく自分のポジションを確実にすることに意識が向いているようでした。

ハーフタイム前に試合を決定づけた小林の鮮やかなゴールは、カウンターで家長が長い距離をドリブルで走ったことで生まれます。

後半、湘南の気持ちの切り替えはさほどうまくいっていませんでしたが、川崎もトーンダウン。無理をしないサッカーで堅実に時間を進めます。

余裕の出てきた鬼木達監督は鹿島アントラーズとのルヴァンカップ準決勝を視野に入れてか、家長、中村を休ませて脇坂泰斗、長谷川竜也を投入。脇坂は最初、右サイドハーフでプレーしましたが、中村が下がった際にトップ下に移ります。

その脇坂が放ったミドルシュートが秋元陽太に阻まれ、ポストを叩いたあと、PKのときのように時間が止まっていた中、長谷川がすばやく詰めて後半最初のゴールが決まりました。メンバーを変更した中でノーゴールに終わらず得点を奪えたのは、チームにとって非常に大きな成果です。

クリーンシートで終えた川崎は5対0と大勝。リーグ戦の残り試合は鹿島との直接対決を含めて難しい相手が続きますが、この勢いで勝ち点50台の上位3チームを追いかけるしかありません。