やはり厳しい試合になりました。それでも最後の最後で得点を重ね、タイトル奪還に大きく近づきました。

開始30分ほどまでは完全に横浜FMペースでした。連動した動きですばやくボールを動かされ、守備では球際激しく、他チーム同様にアンカーの守田英正にはマルコス・ジュニオールが張り付いていました。バックパスにもアプローチをかけてくるため、ビルドアップでは余裕が生まれません。

苦しい中で選手の立ち位置を変えつつ、中長距離のパスを出して打開を試み続けたところ、飛び出して腕を出した高丘陽平の退場につながり、川崎が数的優位になります。

そこからは横浜FMの球離れが若干遅くなり、川崎の人数をかけてのプレッシャーが効果的になりました。マルコス・ジュニオールもポジションを移さざるを得ず、守田についてばかりではいられなくなります。

スコアレスで折り返したハーフタイム明け、鬼木達監督は大島僚太、三笘薫を送り込んで狭い局面の打破にかかります。この作戦は成功し、三笘がボックスに進入して先制点を奪いました。均衡を破るゴールにリザーブの中村憲剛、小林悠はベンチを飛び出して喜びました。

数的不利な横浜FMは怯まずに攻めの姿勢を貫いてきました。ジュニオール・サントス、エリキの2トップにトップ下に戻ったマルコス・ジュニオールが絡んで襲い掛かります。さらにアンジェ・ポステコグルー監督は喜田拓也に代えて天野純を送り込みます。

人数のギャップを感じさせないコーナーキックで、横浜FMは同点に追い付きました。チョン・ソンリョンがエリキにブロックされたアンラッキーな場面でしたがファウルは認められず、畠中槙之輔の得点となります。

その後、川崎は比較的優位に試合を運びながら、高丘の代わりにゴールを守るオビ・パウエル・オビンナの好セーブに阻まれて今シーズン初の3戦勝ちなしという事態に陥りかけます。

救ったのは次の試合出場停止となったジェジエウでした。90分、セットプレーの流れで上がっていた背番号4はゴールへの執念を見せてねじ込みます。

アディショナルタイムには小林がPKを失敗したものの、ラストプレーで登里享平のクリアを拾った三笘が自陣ペナルティアーク手前からドリブルをスタート。相手ゴール前まで運び、冷静に右足アウトサイドで小林の正真正銘の追加点をお膳立てしました。

これで次の大分トリニータ戦に勝てば優勝が決まることとなりました。例外的な難しいシーズンを笑顔で終えるまであと一歩です。