川崎にとっては敗色濃厚な試合でした。3バックで臨んだ神戸に対して、90分を通じてみれば2週間前と同じように、いやそれ以上にゲームを支配されていました。1点ビハインドで終盤を迎えるとプレスをかけるというより、相手を追い回しても追い付かない苦しい状態でした。

小林悠のPKで幸先よく先制した15分後、川崎はボールとは反対のサイドに立つ西大伍に一瞬自由を与えていました。そこへ渡部博文がチェンジサイドのパスを出したことで、一気に神戸のフェーズに変わります。あとは前線の藤本憲明、古橋亨梧がスピードを生かしてフィニッシュを成功させました。

これで息を吹き返した神戸に主導権を明け渡すこととなります。守備時は5バックになってピッチの横幅を埋められ、攻撃時は最終ラインに3枚残っていることで、西、酒井高徳が高い位置をとれるだけでなく、セルジ・サンペール、山口蛍も中盤の仕事に注力できていました。

また、飯倉大樹からの組み立ての際、川崎はプレッシャーをかけ、家長昭博か大島僚太がセルジ・サンペールをケアしてパスコースをふさいでも、この日の神戸は飯倉がロングキックを多用して回避されてしまいます。

思うようにディフェンスがはまらない中、再び西が起点となってゴールが生まれます。このときは登里享平がすばやく寄せていますが、セルジ・サンペールの散らしのパスを受けた西はワンタッチでボールをさばき、サイドに流れた山口がダイレクトでクロスを入れて藤本が合わせました。

突き放された川崎は逆転弾を食らう直前に入った三笘薫が、局面打開を図ってドリブルを仕掛けます。そして相手に囲まれても臆することなく冷静にプレーし続けました。ただ、フィニッシュがうまくいかずに得点には結び付きません。

時間の経過とともに両チームとも間延びしだし、神戸がボールを大きく動かしやすくなります。自分達のペースに持ち込めないホームチームは、神戸の陣形が整っていない段階でのカウンターに活路を見出そうとしました。

それがレアンドロ・ダミアンのPK獲得、さらには宮代大聖の値千金の逆転弾につながったのです。

宮代の得点シーンは、レアンドロ・ダミアンが中盤でつぶれながらボールを前に生かしたことで、3対2の局面ができて生まれます。ダンクレーはボールホルダーの脇坂泰斗、西はファーに流れようとする動きを見せた三笘に意識を向けたため、わずかに宮代に余裕ができていました。脇坂のパスを受けた背番号20は、迷わずゴールに蹴り込みます。

その後は菊池流帆が前線に上がり、ダンクレーも持ち上がってきたために押し込まれますが、最後の最後まで集中を切らさずに守り切りました。勝ち点獲得さえ怪しかった、困難なゲームをチーム全体で我慢強く戦って勝利で終えたのです。